お不動さまって、どんな仏さま?コラムその1

6月29日に、第21番真言宗蓮華院誕生寺一願成就不動の本堂である五重塔の一階で購入した、九州三十六不動霊場会の公式ガイドブック九州三十六不動めぐりお不動さまのご利益を授かる旅より

九州三十六不動巡礼の旅パワースポット温泉グルメを楽しむ

仏の里国東から始まる巡礼大分県

全行程7県38カ寺1530に湯呼ぶ長い巡礼の始まり。10の札所を巡る。国東半島は約1300年前、仁聞菩薩によって開かれ、宇佐神宮の庇護のもと、六郷満山と呼ばれる神仏習合文化が栄えた。修正鬼会は、家内安全、五穀豊穣、無病息災を祈願する火祭り、鬼は不動明王の化身といわれる。

また別保、湯布院など温泉どころとして知られ、関アジ、関サバ、城下カレイなども名高く、温泉グルメを満喫できる。

南国ムード満点の日南海岸、そして神話の里高千穂へ宮崎県

宮崎の美しい海岸沿いに4つの札所を巡る。通称鬼の洗濯岩に囲まれたトロピカルな青島は、海幸彦山幸彦の伝説で篤い信仰を集める、鵜戸神宮の御乳岩は、安産、育児の功徳で有名。

天岩戸開きで知られる高千穂は全国有数のパワースポット。古事記日本書紀などに登場する神話の舞台が点在する。約800年の歴史を持つ夜神楽は必見。高濃度炭酸泉の極上温泉湯之元温泉、地鶏の炭火焼、芋米麦蕎麦など多彩な原料が使われる焼酎も味わいたい。

ここで個人的な反省です。

7月12日で大分県宮崎県の14ケ寺の札所を巡拝しましたが、宇佐神宮にもよらず、別府温泉にも浸からず、鵜戸神宮に立ち寄らず、道の駅フェニックスでマンゴーアイスクリームを食べて、展望所から鬼の洗濯岩を観られたことくらいで、

もう少しその地域の観光や、美味しいものを満喫すればよかったな、と反省しています。今までの四国八十八所霊場四国別格二十霊場西国三十三観音霊場の時のように、ひたすら走り回った感が有ります。次の巡拝では、一日に巡拝する札所の数を抑えて、札所での巡拝ももう少し時間をかけて、お寺の隅を観ながら写真撮影のアングルも工夫できたのではないか、との反省を踏まえて御朱印集めのスタンプラリーに成らない様にしたいと思います。

合掌