薄毛が改善してきたパピヨンのランちゃん

ランちゃんは3歳のパピヨンの女の子です。

ランちゃんはまだ3歳なのに、すでに左眼が白内障で失明しています。

右眼は見えていますが、やはり白内障があるそうです。

ランちゃんは被毛が薄く、皮膚が透けて見えていました。

皮膚は赤らんでいて、いつも痒がっていました。

ステロイドを使うと痒みは和らぐのですが、ステロイドは怖いので使いたくないと飼い主さんは思いました。

皮膚状態の改善と左眼の白内障がこれ以上進行しないことを望んで、しちふくの診察を受けてくれました。

ランちゃんは、強気な木の性格と臆病な水の性格を併せ持っています。

生後1歳ほどで白内障を発症したという事は、生まれつきの生命力が弱い腎精虚であると思われました。

木の性格であるため、木の臓器である肝が全身の氣を巡らせる働きが落ちているようでした。

肉球がガサガサしていて、皮膚症状もあることから、身体に潤いを与える血の流れも悪いように思いました。

これらのことを総合的に考えてランちゃんに漢方薬を処方し、続けてもらっています。

漢方薬を飲み始めて半年ほど経ったところで、毛がフサフサしてパピヨンらしくなってきたそうです。

ランちゃんは毛が薄かったので、ずっとトリミング毛のカットをしてもらっていなかったそうですが、漢方薬を飲んで8か月ほど経ったところで、約2年ぶりにトリミングしてもらったそうです。

たまに帰省してくる息子さんが、ランちゃんの毛が増えたことを驚いていたそうです

白内障の進行についてはどうなるか分かりませんが、これからも漢方薬で調子を整えていければいいと思っています

ブログ掲載のお願いをしたら、ランちゃんの飼い主さんが快諾してくださり、写真も提供してくださいました。

ありがとうございました

動物の健康ランキング

バナーをクリックしていただくと各のホームページにジャンプします

眼の調子が悪く、細かい文字を読むのが辛いのでコメント欄は閉じさせていただきます

皆さんのブログにもほとんど遊びに行けません。ごめんなさい