Don&x27;tLeaveMe3曲

夕張メロン太郎でございます

ああ、いずれ私の手は夕張メロンの皮のように堅いシワシワ模様にうう

夕張メロンでなくともマスクメロンは皆そうですが?

夕張メロンにした方が高級感が出るかと思いまして。

それに昨日スーパーで富良野メロンと並んでいた夕張太郎君を見て勇気付けられたのです!

夕張太郎君?

夕張の方が通常高い筈なんですが、同じ値段だったのです。

どっちも3500円。

うーん、高い

でも夕張にしては安い方なのでしょうね。

それでよく見たら

買う気もないくせによく見るな

自分の将来の手の姿と思ったら身近に感じまして。

それでよく見たら、夕張君の方には殆ど!皺がなかったんです!

注わかると思いますが、ここでいう皺とは網目模様のことです

うーむ、そうするとマスクメロンというのは網タイツ姿ということもできるか

ちょっと気色悪いが。

もしかしていやまさかとは思うが網タイツ履かせて栽培してるとか?

そんなアホな

いやそんな話はどうでもいい。

網目が殆どなかったんです!そこに並んでいた夕張君には!

だから安かったんでしょうな。

いや私のような庶民!には高いですが。

そしてそれを見て網目があって当然の夕張君でもああして根性で網目持たずに育つのもいるのだから、私の強皮症もあれを目指していこう!と。

共に頑張ろう!安い夕張君!

メロンは網目があった方がいいと思うんですが

というわけで、今日はよくねたいもでポテトサラダをボール一杯作りました。

どこがというわけなんだ

共に頑張りたいが高くて手が出ない夕張君ではなく、高いは高いが手は出せる程度のよくねたいもを買ってきたんです。

まだあったのか

そういえばおいもさん達がよく寝てたのは雪の下だよね。

だから多少安くなってたのか。

よくふかして皮剥いて芽をほじって切りつつ、つまんで食べると甘ーい。

わぁ、やっぱり美味しいなぁ!

そのままバターかけて食べるのが一番いいかも。

と思ったんですが、面倒なのでボール一杯のサラダにしました。

これで3日は持つな。

冷蔵庫入れておけるから夏は重宝する。

それで今日はDontLeaveMe関連の曲ばかり3曲聴きまして。

イモとどういう関係が

関係なんぞあるわけないだろが。

あ、でも2曲目に聴いたPleaseDontLeaveMeはあったかくて、何となくぽくぽくしたおいもさんと共通するものがあるような曲だなー。

元はのDontLeaveMeNowを聴こうと思ってたんですけどもね。

あれは曲全体の構成はクソだがあのピアノだけで十分価値がある!

いや曲構成は本当にクソなんだけども。

時折あのピアノを聴きたくなるのでまた聴こうと。

思ったんですが、そういやVowWowに同名の曲があったなと思い出しまして。

これもまた結構好きだったので、ちょっと聴いてみようかと。

ということで1曲目、VowWowDontLeaveMeNow

うーん、やっぱりLoudnessよりVowWowの方が良かったのになー。

もう解散してるんですね。

Loudnessは続いてるのに。

ただ

ただ?

人見元基は見ないで聴いた方がいいな

見たことなかったので?

顔は知っていたが、歌ってるところを見たことはなかった。

声は結構好きな方だったのに、見ながら聴くと何と言いますか気色悪いというか

容姿的にはLoudnessよりVowWowの方が恵まれていたのではとは思うんですが。

顔だけでなくシルエット的に。

なんだけど

うーん、人見元基は見ないで聴きたい

上手いし声も好きな方なんだけど、見て聴いてるとそれまで気色悪く感じてしまって

InMyDreamsのドンさん見てこそばゆくなるのとちょっと似てるかな?

でもここまで気色悪くはならないな、ドンさんの場合は。

バンドとしてのカッコ良さはあるんだけど。

日本人がこういうので世界進出する場合、どうしても容姿で遅れをとりがちだけど、演奏技術が高くてそれだけをしっかり映してるとやっぱりカッコいい。

そういう意味では人見氏も含めてイングェイのクソビデオを見ながら聴くよりはいい。

コメントチラ見したら、殆どが日本人の書き込みなのがちょっと意外でもあり寂しくもあり

あれは世界的なバンドだったんじゃないでしょうか?

やっぱり米国で売れないとダメということかな?

米国を目指したLoudnessは続いてるし。

音楽性より市場の大きさで決まるのが悲しいなぁ

2曲目、JohnSykes&PhilLinotPleaseDontLeaveMe

何故かDontLeaveMeと付く曲には名曲が多くてですね、これもそのつながりで思い出した1曲です。

割と単調で何てことない筈の曲なんですが

聴いてると何だかほのぼのとしてあったかーくなるような、癒されるような感じで何度でも聴きたくなる不思議な魅力があります。

クラシックのパッヘルベルのカノンに相当するHR/HM曲と出も言いましょうか?

多分、脳内にアルファ波を出す類の曲なのではないでしょうか?

ほんわーかします。

フィルライノットの歌い方は凄く抑えめでソフトで、通常そういうのを聴くとしっかり歌わんかい!と言いたくなる私ですが、これだとそれが凄くはまってる。

これまた日本人の書き込みが多かったのが意外でしたが

夏の終わりに聴きたい曲、というコメントがあって、何か凄くイメージに合ってると思いました。

センスいいなぁ!

それと久にジョンサイクスを見ましたが、やっぱりイケメンでしたな、あれも。

ドンさんには負けますが。

どこかのバンドに入った時何でギタリストの給料がベーシストと同じなんだとか抜かしたというのを読んで、何じゃ、この傲慢野郎は?と思った覚えはあります。

どこでも名ギタリストと言われた人は問題児が多いんですな。

ある意味一番子供のままの人が多いような?

VowWowの山本恭二氏は凄く大人な印象がありましたけども。

3曲目これはやはりのDontLeaveMeNowでしょう。

あのピアノ!

あれを初めて聴いた時は震えがきたものです。ふるふるふる

当時は長いこと、JoshuaのNovemberisGoingAwayと並んで2大名ピアノイントロ兼通奏でしたが

今聴くとこっちの方がいいな。

NovemeberisGoingAwayのピアノも好きだけども。

ついでに曲構成ではNovemberの方がずっとましだ。

このDontLeaveMeNowは本当にピアノだけ!

初めて聴いた時は、一体どんな展開になるのだろう?と震えたまま聴いてましたが

終わった後はえらくがっかりした。

曲構成があまりにクソ!

メタリカのBatteryとどっちが

あれはイントロ以外曲じゃないから。

このDontLeaveMeNowは一応曲にはなっているが、尻すぼみもいい所!

残念だなー。

あれピアノをあのままに、本体部分をイングェイかドンさんに書いてもらいたいな

今のブタさん達に?

昔のイングェイかドンさんとしないとならないのが悲しい。

ドンさんは玉虫君が好きだった頃もあったのに、そして今も好きかもしれないが、アメリカ人だから、ああいう音楽変遷を辿ったのはある意味仕方がない。

イングェイもアメリカに住んでる方がもうずっと長いのだし、お気楽なブタになってしまっても責められないのかも

何かイングェイのことは責めてるような?

あれスェーデンで目が出ないままだったら珠玉の曲ばかり残して死後評価されるような人だったかも

自分の好みのために人の不幸を願うサル

ところでこの曲、HRでもHMでもありません。

だけど、初めて聴いたのはHR/HMばかりかけてたラジオ番組でした。

当時クラシック以外ではそういうのばかり聴いてたから。

そういう番組で流したということは、HR/HMが好きな日本人ならくいうのも好きに違いない、というのがあったのだろうね、きっと。

実際凄く通ずるものがある、あのピアノ部分は。

本当にピアノだけ!なんだけどね。

それだけで全部持ってかれるほどインパクトのある素晴らしい部分だ、あれは。

それで今日こそキタラのバースデーを終わらせるつもりだったんですが

もう随分と書いてしまいましたので、今日はここまで。

書く気あるのか?

書く気は満!なんですが。

どうも前段が長くなる傾向があり

こういうのを前段とは言わないのだよ前段とは

要するに年がら年中ネタが渋滞してるのです。

それじゃ、フンの渋滞を解消してきます。

広告を非表示にする