悪代官は単なる悪LAWではありません。

詭弁で人を欺いてはいけませんよねEです。ごげきんよう。

暴れん坊将軍の中で

吉宗は

法<LAW>の皮を被る悪人たちを次と成敗していきます。

なぜなら、それは単なる悪だからです。

特に子供に対して、詭弁を唱え世間を惑わしてはいけませんよね

平和な世の中では、大企業など組織の中で、あきらかに不正と思われる命令を下された時、

それこそアライアンスがLAWならば

その間違った命令に対して、最後まで従ってはいけないのです。

法は、悪事と悪人を守らないからです。

それが例え一時、現行法に背いたとしても。そうであるべきなのです。もし悪人を守る法の番人であれば、それはもう法ではないのですから。

とくにマンガボックスのキバヤシさんは

スティルインザフォレスト(SIF)

ハスキーさんの傑作小説から正義のあり方を学んだほうがいいと思いました。

そして考え方を改めるべきでしょう

とてもではないですが、子供にいい影響をあたえる作品を作り続けているとは言えなそうです。

もしもタクティクスオウガの選択肢の中で、もっとも正しいLAWの選択があるとすれば

悪事には従わず、相手を説得し、組織の中にとどまり、行いを正していくという選択肢がベストになるのでしょう。

歴史のなかで、悪逆な勝利の仕方をした者の世の中が長く続いた例などないのですから

ROERulesof交戦規定です。

Eは悪代官は単なる悪LAWではありません。を応援しています。著作権を守ろう!